CATEGORY / 未分類

色々な最低保証制度

最低保証制度には色々なパターンがあります。一般的にはその日の売り上げに対してなのですが、お店によってはその規定が変わっている所もありますので注意が必要になります。そこでこちらでは、地方エリアに多い最低保証制度のルールなどについてご紹介します。

地方エリアのデリヘル店に多い保証金制度は一日単位ではなく、一ヵ月単位の所が多い傾向にあります。つまり、一ヵ月の合計で既定時間以上出ていた場合に、売り上げを上げる事ができなかった場合に足りない部分を補填してくれる制度です。

デリヘルには並がありますので、御給料日後であったり、ボーナス後には多くの利用者が訪れたり、有料オプションを追加してくれたりもしますので、トータル的に規定金額まで行く事も多いので、万が一の保険のように考えるようにしてください。

また、お店によっては、時給換算してくれるお店があります。一日出勤していたのに一人もお客さんに入る事ができなかった場合などに、待機していた時間に対して時給を支払うという制度です。お店によって保証金額は様々なのですが、待機してる時間に対して時給が1,000円という所が多くなっておりました。色々な保証制度がありますので、事前にしっかりと確認するようにしてください。

体験入店の保証制度

風俗求人などでは、初めてデリヘルにチャレンジする方の為に、体験入店などを行っている所もあります。
体験入店とは、まだ本格的に働くかわからない女性のために、一度、実際に働いてみて判断してもらう制度です。体験入店時にも普通に働いていたお給料と同じ分だけもらう事もできますし、体験入店特典として10,000円程度のボーナスが上乗せになる所もあります。

実はこの体験入店にも最低保証金制度が採用されているお店が増えて来ています。体験入店の中には取り合えず一人だけ相手してもらって様子を見るようなパターンと、時間内でしたら複数人を実際に体験してもらって、お店で本格的に働くようなのと同じような環境下で体験してもらう二パターンがあります。
体験入店の時に採用される最低保証金制度は、二つ目の複数人に対応する場合です。

体験入店が三日間などに設定されている場合には、三日間の合計が規定金額まで達成しなかったときなどに補償金が支払われます。最初からフルで入るのは体力的にも精神的にも大変だという事もあり、大体一日三時間程度の体験入店が一般的になっております。
体験入店時の待遇に関してはお店によって様々ですので、一度確認してから応募する様にしてください。

風俗求人の最低保証

風俗求人を見ていると最低保証金○円と書かれている求人を目にする事があります。色々と初めて見る物が多い風俗求人ですのでわからない事も多いと思います。

こちらの書かれている最低保証金を簡単に説明させて頂きますと、6時間などお店があらかじめ決めている既定の時間以上待機していて、いつでもお客さんに入る事ができるように準備をしているのにも関わらず、売り上げがお店が設定している最低保証金額まで達しなかった場合に、最低保証金額まで足りなかった分をお店が負担してくれる制度の事になります。
つまり、お店が設定している時間をかけても、お店の設定した20,000円に届かなかった場合、一日の収入が10,000円であっても、お店側から足りない10,000円を追加して支払ってもらえる制度になります。

デリヘル嬢の中にはシングルマザーの方も多く、月の家賃などある程度収入がしっかりとしていないと予定が立てられないような場合もありますので、このように、一日の収入をある程度たてる事ができるのはとても需要なことになります。

そこでこちらのページでは、始めてデリヘルで稼ごうと思っている方にこそ知っておいて欲しい最低保証金制度のメリットなどについてご紹介させて頂きます。デリヘル店によっては、この最低保証金制度が全くないようなお店もありますので、こちらのページに書かれた内容を参考にして、両方の店の魅力を見比べた上で、しっかりと判断するように心がけてください。

loading
×